「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!!赤羽整骨院です。日中は温かいですが、朝晩がかなり冷え込んできましたね。身体を冷やさないように暖かい恰好をしましょうね。

今日はお尻の筋肉の機能が低下するとどうなるのか?についてお話させて頂きますね。お尻の筋肉はどのような動きに関与しているのか?お尻の筋肉は姿勢の維持や歩行に関与しています。お尻の筋肉が低下すると体幹、股関節が前傾姿勢になってしまい、踵から足をつけなくなってしまう原因になります。踵から足をつけられない原因としてはお尻の筋肉の低下の他にも下垂足、尖足があげられます。下垂足は脛の筋肉が低下して起こり、尖足は筋緊張の亢進や末梢神経の麻痺によって起こります。良くしていく策としては手術でアキレス腱を延長、筋弛緩剤、下腿三頭筋ストレッチ。などがあげられます。歩幅が小さい場合や太ももの後ろの緊張が亢進した時も踵から足をつけなくなってしまいます。なので日頃から自分の歩幅の半歩大股で歩く意識をしていきましょう!!お尻の筋肉は姿勢や歩行でとても重要な役割を果たしています。お尻の筋肉が低下しないように日頃から意識しましょう!!

これから寒さも本番になり、毎日寒い日が続きますが寒さに負けずに頑張りましょう!!

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP