「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!段々と暖かくなり、外出しやすくなりましたね。寒くてできなかった運動をされる方も多いと思います。そこで注意するのはケガですね。今回はケガが起きてしまった対応についてお話していきますね。

 

みなさんもケガをされたこと一度はあると思います。走っていて転んでしまい足を捻ってしまったり、指をぶつけてしまったり、重たいものを持とうとして急に腰に痛みが出たりなど。。。いろんなケガがあります。そこで大事な対応が4つあります。1つめは安静にすることです。ケガしたところは組織が傷ついている状態なので無理に動かしてしまうと悪化の原因になります。2つ目は冷やすことです。冷やすことで傷ついてしまった筋肉から流れる血流を抑え、腫れを防ぎます。腫れを抑えられずにいると周りの筋肉を圧迫してしまい上手く伸び縮みしにくくなるのでさらにケガに繋がりやすいですし、血液の流れが悪くなるので楽になりにくくなります。3つ目は患部を圧迫させることです。圧迫したら痛いのでは?思うかもしれませんが圧迫することで、冷やすことと同様に患部の腫れを抑えることが出来ます。4つ目は患部を心臓よりも高く上げることです。これは場所にもよるのですが、高く上げることによって血流を患部になるべくいかないようにし、腫れを抑えます。どの処置も共通しているのが、血流を促進させないことです。この処置をなるべく早く行うことによって今後の痛みの楽になり方に大きく影響します。

 

ケガして放置しておきましとなかなかすぐには良くなりませんので、処置の仕方を少し頭の中に入れておいてください。

 

 

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP