「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。厳しい暑さが落ち着き涼しさが増してきましたね。秋になれば運動をされる方も多いと思います。ケガに気を付けたいですね。今回はケガされた際の対応についてお話していきます。

 

ケガされた際にやるべき大事な事が4つあります。安静、冷却、圧迫、挙上です。例えば足を捻ってしまった際、足首を安静にしなくてはなりません。極力足に体重をかけないようにします。ですがどうしても日常生活を送る上で人は足を使わなければなりませんから、体重をかけないのは中々難しいです。なので、出来る範囲で体重をかけないようにしてください。次に冷却です。これは、痛めたところを冷やすことです。ケガをされた際は、毛細血管が切れますので、少なからず内部で出血が起こります。出血が起こりますと組織が腫れあがり周りの元気な細胞を圧迫してしまいますので、酸素の供給が出来なくなります。なので周りの組織にも影響が出てきます。それを防ぐために冷却するのですが、4つの中でこの処置が一番大事といっていいでしょう。そして圧迫です。ケガした場所が腫れあがらないように圧迫するのですが、これは冷やす時にバンドで巻いたり、包帯を巻いたりします。最後に挙上です。心臓より高く上げるのが理想なのですが場所によっては難しいところもありますので、これはできたらで大丈夫です。心臓よりも高いところに挙げることにより、出血を最低限に抑えます。

 

以上の4つが大事な処置になりますが、環境によっては全部やるのは難しい時もあります。先ほど申し上げたように大事なのは、冷却です。これを迅速にできるだけでも今後の経過が変わってきますので、覚えておいてくださいね。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP