「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!

本日はケガを起こした際どのような処置を行うべきかについてお話させて頂きますね。

ケガと一言で言っても色々な種類があります。今回はその中でスポーツ中に起こしたケガの処置について説明していきます。スポーツで起こすケガの多くは骨が折れる、関節が外れる、強い衝撃や何かにぶつかって筋肉が傷つく、捻って靱帯を痛める。このようなケースが多いです。骨が折れたり関節が外れたりした場合はすぐにでも元の位置に戻してケガした部位を固定しなければならないので専門の医療機関に行った方が良いです。ただ、筋肉が傷ついたり靱帯を痛めても多くの人は痛みに我慢して運動を続ける場合が多いです。ケガをした状態で運動を続けると回復が遅れるのでしっかりと処置をしなければいけません。多くの場合ケガをして2~3日は炎症やケガをした部位が熱を持っています。この2~3日間は安静にすることと冷やすことが大切になります。まずは炎症や腫れなどを落ち着かせます。その後からはしっかりと患部を温めてください。温めることによって血液の流れがよくなり体の回復力が上がります。理由は血液は酸素を多く含んでおり、これが筋肉に流れることで筋肉に栄養が行渡るからです。あとはしっかりと傷ついた筋肉を施術したりケガをした部位をテーピングなどで固定して良肢位を保つことが大切になります。

赤羽整骨院では筋肉のバランスを整える施術やテーピングの処置、ストレッチの指導を行っています。

お身体の事でお悩みの際は是非お越しください!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP