「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。いよいよ年末ですね。やり忘れはありませんか?寒さもいよいよ本格的になってきましたし体調を崩されている方も多いので体調の管理に気をつけて下さいね。

本日はシップの上手な使い方についてお話させて頂きますね。痛みを感じてお医者さんでは痛みを取ろうと痛み止めやシップ薬を処方されると思いますがあくまで鎮痛緩和剤なので、楽なような気がするといったところで痛みの根本を良くする目的とは違いますので頭に入れておいてください。もちろんシップ薬で緩和させて時間とともに良くなってきますので悪い物ではありません。ケガをして冷やす目的でシップを貼るという時はシップよりも氷や氷嚢で患部を冷やしてあげて下さい。これから、まだまだ気温が下がって筋肉に負担がかかる状態になっていきます。痛みを感じたりしていましたら長引かないうちに早めに当院にご相談下さい。痛みを和らげるアドバイスもさせて頂きますのでお気軽にいらして下さいね。

12月になり朝晩は冷え込んで参りました。なかなか冷やした方が良いのか温めた方が良いのか判断に困る方が当院の利用者さんの中にも多いですので、うずくような痛みで熱を感じる方は冷やしてあげて下さい。慢性な症状には温める、基本はこれです。迷ったらお気軽にお聞きくださいね。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP