「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。梅雨の季節になりジメジメと湿度の高い日が続いていますね。今週末には台風も到来するそうなので、より一層体調管理には気を付けていきましょう。

 

本日はテニスで多い怪我についてお話させていただきますね。最近日本人選手が活躍している影響で、利用者さんでもテニスをしている方が増えたように感じます。テニスは柔道やバスケットボールなどとは違って人と接触することはほとんどありません。なので人にぶつかったりして怪我をすることはほとんどありません。ですが、ほかのスポーツに比べて一人でカバーする範囲も広く、ラリーの速度やコースが厳しくなると切り返しをする回数が増えます。切り返しをする時に、足関節周りの筋肉が柔軟性がしっかりとついていれば、止まって反対方向に足をけりだす時も何も問題はありません。しかし足関節周りの筋肉が緊張した状態であると、上手に踏ん張りが利かずに捻ってしまいます。一度足を捻ってしまうと筋肉や靭帯に傷がついたり、断裂してしまったりして、テニスができないだけではなく、日常生活での歩行や階段の昇降時にも痛みや違和感が出たりします。

 

足関節周りの筋肉の柔軟性だけではなく、テニスは全身の筋肉をフルで使うスポーツです。全身の筋肉のバランスを整えて、痛みの出にくい身体を作っていきましょう。

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP