「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは、ボールが指に当たった時の対処法についてです。

 

球技中にボールが指に当たって痛めてしまうことがとても多いです。野球、バスケなど、どんな球技スポーツでも起こりうるケガです。このケガは、痛みが出てからすぐに腫れてきますし、痛みや強く痛めると出血してきます。出血するぐらい痛めると筋肉はもちろん靭帯や骨に傷が付いている可能性があるので医療機関に直ちに行き施術をしましょう。その医療機関に行く前に応急処置をしておくと症状の悪化を防げますので知識として覚えておきましょう。悪化を防ぐ一番大事なのが安静です。なるべく動かさないことです。興味本位で曲げたり、無理に伸ばしたりしないようにしましょう。痛めている部分をさらに傷を広げてしまう可能性があるからです。他には、痛めた部分を冷やしましょう。冷やすことで炎症を防いでくれて出血を止めてくれます。今回お話したこの二つのことを頭に入れておいてください。

 

球技スポーツをする際にとても多いケガの一つです。誰しもがなりうるこのケガを放っておくことはせずに早めの施術をしましょう。当院では、テーピングなどの痛めている部分の補助などをする施術もできますので何かありましたらご相談ください。

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP