「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは、赤羽整骨院です。もうすぐ梅雨明けですね。夏のご予定はお決まりですか?どこに行っても暑いし人は多いし、そんな時は涼しい部屋でビール片手に部屋の隅を見つ続けるのもいいものですよ。

今日は、手首の痛みについてお話ししていきますね。利き手の手首を痛めて来院される利用者さんがとても多く、そのような方に共通なのが仕事やゲームでの長時間のパソコン使用があります。痛みが出るのは親指側か小指側のどちらかで、多くは小指側に発症しています。
マウスを持つ時に手首を内旋させた状態のまま指を動かす為、支点となる小指側の手首に負担が掛かり、痛みが出てきてしまいます。痛みの軽減としてサポーターをつけたり、パソコン使用時に手首の下にタオルを置くのもいいかと思います。最近ではマウスの形状も進化していて手首に極力負担の掛からないものや、クッション性の高いマウスパッドも販売されており、手首に掛かる負担を最小限に止めることができます。パソコンを日常的に使われる方はこのようなアイテムを利用されるのもよいと思います。

お身体の状態にお悩みの方には赤羽整骨院の「B&M背骨ゆがみ整体法」を推奨しています。背骨のゆがみを整えることにより、姿勢を良くしていくことと使い方の変化を促していきます。少しでもお困りの方は、赤羽整骨院にお気軽にご連絡してくださいね。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP