「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。本日は入浴の重要性についてお話させて頂きますね。

 

 

少しずつ冬の寒さに近づいてきて湯船に浸かり体を温める方も増えてきているかと思います。しかし、忙しいためなかなか浸かる時間がない方もいると思います。湯船に浸からずにいると体は表面部しか温まりません。これがどのように影響を起こすかというと血液の循環が悪くなります。血液が体の隅々に巡らないと老廃物などの交換も上手くできないため回復力が低下し疲れや痛みを残しやすい体になります。更に、筋肉にも血液が巡らずにいるので柔軟性が低下し伸び縮みが出来なくなります。その結果日常生活の動作中に無理に筋肉を使い強い痛みが出る場合もあります。このような症状が起こらないようにするためにも湯船にしっかりと浸かり体を温め、代謝を上げて血液の巡りを良くすることが大切になります。温度や時間の目安は40℃前後が良いです。熱くすると体が交感神経優位となりリラックスできなくなるのでちょうどよい温度で20~30分ほど入浴できることが望ましいです。これからの時期は外の気温の影響もあり体は更に冷えやすくなり痛みも起こりやすくなります。

 

赤羽整骨院では日常生活で注意すべき点の指導や痛めた体の施術を行っています。お身体の事でお悩みの際はお越しください。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP