「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!厳しい寒さが近づいてきてますね。体調管理気を付けて下さいね。

今回は身体を冷やすのか、温める場合についてお話させて頂きますね。

なぜ場合によって冷やすのか、温めるのかを知っていますか?色々理由はありますが簡単に言いますと痛いところが熱を持っているかいないかで変わってきます。熱を持っているが患部に炎症が起きていているので温めるのではなく、冷やして下さい。冷やすことで炎症を抑えることができ痛みが出にくい状態を作ることができます。温めることにより筋肉に柔軟性が生まれ痛みが出にくくなり日常生活に辛い生活を送らずにすみます。これはしかし日々のケアが大事になってきます。毎日の積み重ねが大切で、多くは積み重ねで身体の痛みが起きやすいので反対に毎日の積み重ねのケアをすることで身体を楽にしやすいです。もっとわかりやすく言いますと身体の痛みは夏休みの宿題と似ています。宿題をため込んでしまい最終日になってしまうと辛いですよね。これは身体も同じでため込んでしまうと身体は辛い思いをしてしまいます。

そうなる前に早めのケアを行いましょう。私達赤羽整骨院ではしっかり利用者様のお話を聞いていき、そのうえでしっかりお身体を楽にしていくお手伝いをしていきたいと思います。

 

 

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP