「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!

今回は子供の運動についてお話しさせて頂きますね。

スポーツをされている子供さんですと、一度は身体のどこかしらを痛めた経験があると思います。その原因がぶつけたり、捻ったりとありますが使い過ぎが原因で痛めるケースは少なくありません。

特に小中学生のお子さんは使い過ぎる事により、骨や骨を覆っている膜に影響が出てくることがあります。なぜかというと子供の骨というのは成長過程にあり、まだしっかりと出来ていない状態です。柔らかい状態をイメージして下さい。骨には筋肉がついており、その筋肉が収縮して骨に刺激を与えていき骨やその骨の膜に負担がかかります。

よくあるのが、膝のお皿の下あたりの出っ張りに痛みがでるケースです。バスケットをされている子供には多いですが繰り返しの走動作やジャンプ動作で筋肉の収縮が働き、骨が引っ張られ、元々出っ張ている骨の部分がさらに出っ張ってしまい痛みが出る事があります。そういった場合膝周りの筋肉の柔軟性をだしたり、筋肉自体を休ませて上げる必要が出てきます。

子供の場合ですと、無理して行ってしまう事が多いため十分に休息させてあげる事も必要になります。

痛みが出た場合はまず休ませる!これは決して悪い事ではありません。痛みが出た状態で行っていれば、パフォーマンスは落ちますし、今後スポーツを続けていく上で悪影響を及ぼすこともあります。

しっかりと子供の状態は管理してあげてくださいね。そして痛みが出た場合、放っておかずまずは医療機関にかかる事をお薦めします。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP