「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!

今回は睡眠の時の身体の状態がいかに大切かというをお話ししていきますね。

みなさんは朝起きたら身体がだるいとか、重たい、寝ている時に足がつってしまう。夜中に何度も起きてしまい、熟睡できている気がしない。こんな思いしたことありませんでしたか?とっても辛いですよね。

本来であればヒトは寝ている時に体を回復してくれます。ではなぜ起きた時スッキリしないのでしょう。それはやはり寝ている時の身体の状態にあります。寝ている時の姿勢でしたり、筋肉の状態です。姿勢というのは、やはり布団だったり、枕が関係してきます。柔らか過ぎると気持ちいですが、身体が沈みすぎてしまい、背骨がどんどん曲がっていってしまいます。逆に硬すぎても筋肉が無理に姿勢を保とうとして緊張が強まってしまいます。血液というのは、筋肉の柔軟性があればあるほどどんどん体を回ってくれます。血液は身体が動くために必要な栄養素を運んでくれますので筋肉の状態が悪いと中々次の日はスッキリしません。寝る前にストレッチしたりお風呂に浸かって温めたり、その日の疲れはその日にケアしてみましょう。

1日当たりの理想平均睡眠時間は8時間といわれています。1日の3分の1は寝ています。寿命が80年だとすると24年は寝ています。この貴重な時間を無駄にしないように1日を快適に過ごせるようにしていきましょう!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP