「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!!蒸し暑い日も多くなり身体が季節の変化に耐えきれず風邪をひいてしまったり、蒸し暑い昼間と肌寒い朝晩で服装も迷ってしまいますがお身体の調子はいかがですか?

 

 

今日は寝る時の姿勢についてお話していきますね!皆さんは寝付く時の姿勢と寝起きの姿勢は同じですか?寝ている時は意識がないのでどういった姿勢かはわからないと思いますが人間は重力に左右されながら生きており寝たきりで同じ姿勢が続くと背中側に血が落ちてきて滞りが出来ることがあるので、皮膚がただれたり傷がついた状態にならないよう寝返りを無意識のうちにします。入院中、自分で寝返りを打つことが出来ない方に対しては数時間おきに寝返りをさせてあげるそうです。ではどのような姿勢で寝るのが一番いいのでしょうか?基本的に仰向けで寝ることは左右差が出ずにいいとされていますが腰と首のところが背骨の弯曲によって地面から浮かんでしまいます。この状態だと身体の体重がお尻、背中に多くかかってしまうので腰、首の筋肉は補うような形で引っ張られてしまい痛みが出てきます。長い時間寝ていた方で腰が痛いというのはよく聞きます、そういった方はどうしたら痛みがなくなるでしょうか?簡単なことで隙間をなくしてあげればいいのです!首であれば枕、腰であればタオルを腰に巻き付けることで寝返りにも対応してくれます。腰に強い痛みがある方は横向きに寝たほうが腰の痛みは楽だと思います。ですが横向きで寝る際、普段あるべき足と足の隙間が無くなり上になったほうの腰まわりの筋肉は引っ張られることがあるのでその際は抱き枕を使うか太めのタオルを丸めてふとももの間に挟んでください。普段あるべき体の状態でかつ重力がかからない状態で寝られることがベストです。

 

 

体の状態を良くしていくうえで睡眠はとても大切なので体を回復させてあげられるよう睡眠の質を上げる努力をしていきましょう!!当院では睡眠のお話や枕についてもお話させていただいておりますので何でもご相談ください。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP