「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。仕事初めをされて一週間ほど経ち、来院される方々も大分お身体に疲れがではじめておられる方が多く見受けられます。疲れを溜めこむと身体が重だるくなったりそこから痛みに繋がっていきます。痛みに繋がらないように疲れや重だるさは取り除くようにしましょう。

本日は10~15歳くらいの成長期の子供が膝が痛いといった時に疑わなければいけない事をお話していきますね。10~15歳くらいの子供で跳躍やボールを蹴るスポーツをし過ぎると発症しやすいのが特徴です。太ももの前側の大きい筋肉が膝の関節をまたいですの上方につく筋肉の緊張が強くなるとすねの上方を引っ張り成長過程で変化する部分に過剰な負担がかかり痛みや腫れ、熱感がでたりします。引っ張られる力が強くなるとすねの上方が突出してくることもあります。そういった症状が出た場合は、筋肉の緊張している部分を緩める為の筋肉施術、温める施術とともに、整体施術で背骨の位置を正常な位置に戻すことが重要です。

このような症状では痛みや腫れが軽くなるまでは安静にするのが一番ですが、スポーツをしているお子さんに多く出やすい症状なので試合や大会に合わせてテーピングを巻くことも出来ますのでお困りの際はいつでもご相談下さいね。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP