「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは、指をぶつけた時の対処についてです。

指をぶつけてしまう時があると思いますが、多くの人は放置したままにしておくことが多いです。放置していると、痛めた部分から出血して指がパンパンになってしまう事が多いです。腫れが強いと血液循環が悪くなり、痛みが減少されるまで時間がかかりやすくなります。しっかりと腫れを抑える対処をしておくと痛みが引いてくスピードが変わりますので参考にしてみて下さい。一番大切なのは、アイシングです。指の場合、氷嚢を当てるよりも氷水を作ってコップに指を入れる方がピンポイントに冷やせるのでお勧めです。冷やすことで痛めた部分の出血を抑えるとともに炎症も抑えるので痛みが出づらくなります。腫れも抑えられるので、血液循環が悪くなりにくく痛みが出た部分の動きも出やすくなります。痛みが出たらすぐにアイシングを行い状態を軽くさせましょう。

日常生活やスポーツなど、どんな時も起こりやすいケガでもあるので痛みが出たらすぐに対処して痛みの緩和をしましょう。当院では、指のケガの処置としてその人のライフワークに合わせてテーピングなどをやって施術していきますので指の痛みが出ましたらすぐにご相談下さい。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP