「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!

今回は歩き方についてお話させて頂きますね。

はぼ毎日歩く、歩行を行いますね。人によっては歩き方が少し違いますよね。

本来歩く時、足をしっかり上げてまず最初に踵が地面に付きます。そして最後につま先が離れるという歩き方が一般的に正しいです。しかし人によっては足をこするように歩いたり、よちよち歩きのように歩幅が短く、つま先から地面につく方もいらっしゃいます。このような歩き方では足に負担が溜まりやすいと言われています。しっかりとした歩き方で歩かないと例えば腰が痛くなったりする方もいらっしゃいます。多くの方は足の裏や踵が痛くなり易いと思います。歩き方が悪くなると足の裏のアーチが低くなったりします。足のアーチが低くなると足の負担が強くなり歩行に痛みを覚え歩行困難になってしまうケースもあります。

今後もずっと歩行はされると思います。しっかり痛みが出る前に対策を取りましょう。

まずは意識して歩行することが大切です。しっかり足を上げて歩き、踵から地面につき、つま先が最後に地面から離れる。この意識から行いましょう。意識をすることで人はやがて無意識に出来るようになります。

何か分からない、お身体の悩みがある方は赤羽整骨院までご相談下さい。

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP