「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにち! 赤羽整骨院です。長雨に打たれ草葉の緑もより深みを増しその陰でカエルも喜びの声を奏でていますね。

今日は歩くとすぐ疲れる症状についてお話していきます。背骨は骨と骨が連なっています。その中が空洞となっていて、一本のトンネルのようになっており、それを脊柱管と呼んでいます。脊柱管の中は空洞でその中を神経が通っています。加齢に伴って、骨と骨の間にあるクッションの役目をする椎間板や関節が変性していまい、腰の部分で正常な状態から前方にずれてしまうと脊柱管が狭くなり、中を通る神経を圧迫してしまいます。主な症状としては、一定の距離を歩くと足に痺れや痛みが生じ、休むことによりまた歩けるようになることや、下肢の痺れや尿が出にくくなったり漏れたりすることも起こるようになります。また中年の女性に多いのも特徴です。施術としてはコルセットなどにより腰への負担を軽減させ、またリハビリとしてストレッチや腹筋を中心として筋力訓練をおこなっていきます。

赤羽整骨院では整体を用いて歪んでしまった背骨を真っすぐにし、周りの筋肉に柔軟性を.もたらせ痛みや痛みの予防に努めています。痛みや違和感がありましたら我慢せず、すぐにご来院ください。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP