「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!!赤羽整骨院です。
ついに東京も梅雨入りしましたね。。。
天気が崩れると気圧が変化して身体の至る所が痛くなってくると思いますが、なぜ気圧が変わると身体が痛くなるのか?疑問に思ったことはありませんか?
今日は気圧の変化と身体の関係性についてお話しさせて頂きますね。
まず、天気が崩れると気圧が低くなります。いわゆる低気圧です。
低気圧になると身体はどうなってしまうのか?
血圧、血糖、心拍の低下。疲労感、意欲低下。分泌、排泄機能の活性化。食欲増加。
などの影響が出て来てしまいます。
ではなぜ気圧が低くなるとこのような影響がでるのでしょうか?
まず自律神経とゆう神経があるのですが、この神経は環境の変化に合わせて身体を変化させる役割があります。だから私たちは気温が変わっても常に同じ体温を保つ事が出来るのです。
その自律神経の調節が遅くなってしまったり過度になり過ぎると、身体の不調と感じてしまいます。
問題なのは、気圧の変化の最中ではなく急激に気圧が低下するときなのです!!
自律神経を整える方法は姿勢を正す、パソコンやスマホから離れる時間を作る、運動をする、湯船につかる、ビタミン類をしっかりと摂取する、腹式呼吸を行うと自律神経を整える事が出来ます。
梅雨でジメジメした毎日が続きますが、毎日元気に頑張っていきましょう!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP