「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。今週は蒸し暑さが続きましたね。先日利用者さんから、あんまり水を飲まないんだけど定期的に飲んだ方が良いの?と質問を受けましたので、今回は「水分補給は喉が渇く前に」というテーマでお伝えしたいと思います。

テーマに書いてあるように水分補給は小まめにとることが重要です。多くの方が喉が渇いてから水分補給をされると思いますが、喉が渇いている時というのは体の中で軽い脱水症状を起こしている状態です。体内の水分量は体重の約60%と言われており、水分をとることで血流を促進させ、老廃物質を循環させる働きがあります。しかし水分をとる量が少ないと血液はドロドロになり、内臓機能や代謝も下がってしまうため肌荒れや疲労感を感じたり、免疫力も下がるので体調を崩したり体に痛みがでやすくなります。水分を小まめにとることで血流を促進させ、内臓機能や代謝も上がりますので肌の張りが良くなったり、疲労感や体の痛みもでにくい体質に変わっていきます。一日の水分をとる目安は1.5~2リットルと言われていますので、これからの暑い時期はしっかり水分量をとることと、出来るだけ喉の渇きを感じる前に水分補給をしてくださいね。

赤羽整骨院では施術だけでなく日常生活アドバイスもお伝えしていますので、身体の事でお悩みの方は気軽にご相談くださいね。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP