「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。本日は身体を温める事の大切さについてお話させていただきますね。

 

痛み、疲れやダルさを感じやすい人は日頃から身体に負担がかかっており全身の血行が悪くなっている可能性があります。血行が悪くなると身体にどのような影響があるかというと筋肉が伸び縮みができなくなり痛みが起こりやすくなったり、冷えやすくなり身体の回復力が低下することがあります。血行が悪くなると身体も温まりにくくなり上記の状態が続きやすくなります。この理由は人の身体の機能によるものです。末端に血液を流すより身体の幹となる部分の温度を保とうとするため末端への血行が悪くなり全身への血液の巡りが悪くなり結果として身体の回復力が低下します。この状態が長く続き身体に癖づいてしまうと痛みが長く残存したり疲れやダルさを溜め込みやすくなってしまいます。この状態にならないようにするために身体を温めることが大切になります。特に湯船に長く浸かることで筋肉の深部側まで温まり筋肉の緊張もとれ全身の血行が良くなります。この時浸かる湯の温度が高すぎると身体が驚いて交感神経優位となって逆効果になることがあるので湯の温度は40℃前後が理想的です。

 

 

赤羽整骨院では身体のケアについてアドバイスも行っています。お体のことでお困りの際はお越しください。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP