「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

皆さんこんにちは‼

今日は日常生活の中で身体の中心である背骨に負担のかかりやすいシーンと痛みとして症状が出る前にできる事をご紹介させて頂きますね!

まず、人間の背骨は首が7本、胸が12本、腰が5本で出来ています。さらにそれぞれが接している面は前方にカーブが大きくなる部分で痛みが出やすいです。背骨の一番上にはスイカ一つ分の重さの頭が付いており立っていたり座っていたり、寝ているだけでも重力が身体に負担をかけています。そういった負担は骨自体を変形させる力はありませんが、骨と骨の間にあるクッション性のある軟骨を変形させていきます。その負担や筋肉自体の疲れが蓄積していくことで、猫背になったり軟骨が圧迫されて袋からクッションが飛び出て、急激な腰の痛みを引き起こすことになります。

猫背になると首や肩周りの筋肉が腰の方に引っ張られるので何もしていなくても緊張が強い状態になったり、つり革を持ったり、上の物を取ると言った急な上に伸ばされるような力が働いたとき、背骨が片方に傾くことで歪みができ痛みとして出てきます。

下半身は身体の重さを支えるのに対して上半身はその下半身の傾きを補うようにバランスを取ろうとします。首はその典型的な例で重心の傾いた反対方向に首が曲がる事で重心のある方の筋肉は緊張しますし、首の中の神経や血管を圧迫する事で、頭の痛みやめまい吐き気の原因になります。

その様な症状が出る前に当院で身体を整えて、暑さを乗り切りましょう‼

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP