「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは肘の外側に痛みが出たについてです。

 

ドアノブを回したときやペットボトルのふたを開ける動作で痛みがある人はいないでしょうか?この動作によって肘の外側の痛みがあったらかなり炎症が出ていて痛みが引きづらくなっているかもしれません。できれば、そこまでの痛みが出ないうちに施術をお勧めします。この痛みの特徴が、痛みが引きづらいところがあります。なぜかというと、肘の外側から手の指の方にまで付く筋肉があるからです。指を曲げたり手首を曲げたり肘を曲げたり日常生活で動かさない日がないくらい使う部分の筋肉になります。常に使う部分でもあるので負担がかかってしまい、施術だけでは痛みが治まりづらい症状でもあります。肘への負担をかけない方法もあります。例えば、パソコン作業する際に手首の下にタオルを敷いてそこに手をのっけたまま作業をすると驚くほどに肘への負担が減少します。他には肘につけるサポーターや肘から手に付く筋肉のストレッチなどがあります。日々負担がかかり続ける部分なので自分で予防や知識を持っておくと痛みが出づらくなって日常生活を痛みなくハッピーに暮らせます。

 

肘の痛みで何かご相談があれば当院までご相談ください!

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP