「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!

今回は、肘の痛みに対してのストレッチについてお話しさせて頂きますね。

よく聞く肘の痛みですと、テニスやゴルフをしていると痛みがでると聞いたことがありませんか?確かにテニスやゴルフをすると肘に痛みが出やすいですが、症状の例えであって日常生活の動作でも十分起こりえるものです。

(手の平を上に向けた状態)肘の内側に出る痛みがゴルフ、肘の外側に出る痛みがテニスに症状として例えられます。

肘の内側には手首や指を曲げる筋肉、外側には手首や指を反らす筋肉がそれぞれついています。なので手や指を動かした時に肘に痛みが生じることがあります。

ストレッチする前に、注意していただきたいのが痛みが強い場合はまず安静にしてください(ズキズキする、ストレッチをしようとしても痛くて肘が伸ばせない等)、無理して行うと逆に悪化してしまう場合があります。

肘の内側に対するストレッチ

①手の平を上に向けた状態で肘を伸ばします。

②手首を反らす

③指を反らす方向に、反対の手で引きます(ゆっくりと)。この時親指もしっかりと抑えてくださいね

肘の外側に対するストレッチ

①手の平を下に向けた状態で肘を伸ばします。

②手首を曲げる

③指は力を抜いて頂き、反対の手で指の付け根を抑えつつ、曲げる方向に引いていく。

この2点を、まずは行ってみて下さい。

痛みが強い時や、ストレッチが上手くいかない時等は当院にご相談下さい。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP