「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのが肘の痛みについてです。

 

肘の痛みの多くは二つのタイプに分かれます。一つが肘の内側の痛み、もう一つが肘の外側の痛みになります。肘の内側が痛くなりやすいスポーツがあります。それは、野球です。特にピッチャーは、投球数が多いほど肘への負担が出ます。球を投げる時肘は、ムチのようにしなることでいい球が投げられるのですが、その際肘には大きな負担がかるので投球機会の多いピッチャー肘の内側が腕のしなりで無理にストレスがかけられるので球を多く投げることにより痛みが出やすいです。外側の肘の痛みにも痛めやすいスポーツがあります。それは、テニスです。肘の外側の筋肉は肘から指先まで付くものがあり、球を打つ時に片手で打ったりすることがあると思いますが相当な負荷が、ボールを当てた部分からの手へ伝わりますしラケットを振ると肘の外側に強く負担として伝わります。この動きが何度も何度も繰り返し負荷をかけていると筋肉が耐えられなくなり痛みへと変わっていきます。

 

今回は肘の痛みの特徴的なスポーツについて説明していきましたがほかのスポーツをしていても痛みが出やすいのが肘の痛みの特徴なのでストレッチや適度なケアはしておいたほうがいいでしょう!

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP