「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは、肩甲骨と背骨の関係性についてお話していきましょう!肩甲骨とは、背骨にについている羽のような骨です。なので、とても関係性が強い二つの骨なのです。筋肉も肩甲骨から背骨につくものが多いので筋肉の緊張により関節の動きが悪くなってしまったり負担の面に関してとても関係性が強くなります。例えば、腕を上げてボールを投げる動作(ピッチャー)の時というのは、まず腕を上げる際に肩甲骨と肩の関節によって上がります。そして振りかぶる時、必ず胸を張る動作が入ります。この時に背骨と肩甲骨が連動して動くことによって速い球が投げられるようになります。肩が痛くなった人とかは結構肩に原因があると思い込む人もいますが、原因の一つに背骨に原因があって肩に痛みを訴えられる方が多いのです。身体を動かすのに背骨が動かないことはほとんどありません。背骨の動きを正常に保つには筋肉の柔軟性が重要になります。筋肉の柔軟性を保つにはご自身で行うストレッチが大切です。もちろん肩甲骨の動きを良くするのも筋肉の柔軟性が必要になります。

このように肩甲骨周りの筋肉の柔軟性を付けることによって背骨の動きも良くなるのです。とても関係性が強い二つの骨の動きを作ることによって痛みを出させない身体づくりができるのです。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP