「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!本日は膝の内側がなぜ痛くなるのかについてお話させていただきますね。

膝が痛くなる理由にもいろいろありますがその中の要因の一つに筋肉の緊張が関係している場合があります。この際内側の筋肉が緊張している場合を想像されることが多いです。ただ内側が痛くなる理由で意外と多いのが外側の筋肉の緊張です。なぜ外側の筋肉の緊張が強くなると膝の内側が痛くなるのか、この理由は外側の筋肉が膝を引っ張ると膝の関節は外側は狭まり内側は広くなります。そうなると膝の内側は筋肉や靭帯と骨が擦れ合いやすくなります。この摩擦により膝の内側に炎症が起きてしまい痛みが生まれます。この症状を楽にさせるためには緊張の強い筋肉をしっかりバランスを整えていくことです。さらに痛みが出てきていたとき、片方の膝をかばって痛みのない方の膝に荷重をかけて歩く場合が多いです。このかばった動きのせいで痛みのない膝にも痛みが出てきてしまう恐れがあります。なので痛みが軽いうちからしっかり施術をしないと歩けないほどの痛みに襲われる場合があります。痛みをかばうとかかる重心にも違いが生まれ身体を支える背骨に歪みが生まれ更に筋肉のバランスが崩れる悪循環に陥る場合があるので早めの施術が最善です。

赤羽整骨院ではバランスの崩れた筋肉の施術と背骨の歪みを取る整体を行っています。お身体の事でお悩みの際は是非お越しください!!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP