「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!!赤羽整骨院です。

 

今回は膝痛の中でも疾患の多い内側の痛みついてお話ししていきます。

動き出す時に膝の内側に痛みがでる。

階段の上り下りの時に内側に痛みが出る。

中高年の女性に多いのが膝の軟骨がすり減ってしまい、炎症が起こってしまい、それがひろっがていき関節が破壊されていきます。そうなると歩くことも苦痛となり手術することも視野に入ってきます。 また痛い方の足をかばう為にもう片方の足の膝をも痛みが出たりしていきます。

次に筋肉の影響で起こる疾患についてお話しします。

膝の内側には縫工筋、薄筋、半腱様筋が脛骨に付いています。この部分を鵞足と言います。この部分が膝の曲げ伸ばしで痛くなったり、熱感、腫れ、痛みがあったら要注意です。先ほどの鵞足の腱と脛骨との摩擦やその腱同士が擦れることから起こります。主な要因としては筋肉の硬さやランニングなどのやりすぎから起こります。

この疾患と間違いやすいのに、この部分の疲労骨折があります。 鵞足の腱からの小さな引っ張りが積み重なって徐々に負担となり、ひびが入っていき骨折となっていきます。

痛みがあったら我慢せずにすぐに来院してください。

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP