「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは膝の内側の痛みについてです。

 

膝の内側の痛みの原因の一つは背骨の歪みにより体重のかけ方や筋肉のバランスの乱れによる膝への負担が強くなってしまうことにより痛みが出ます。二つ目は筋肉の質の乱れによるものです。筋肉の質というのは柔軟性があるかないかです。柔軟性のない筋肉は膝への負担が増えていきます。三つ目の痛みの原因が筋力の量が落ちてしまっていることによるものです。筋肉の量は人間25歳を超えると何もしないと落ちていくので年齢を重ねていくと筋肉を維持することが大変なのです。膝の内側の痛みが出ないようにするには上記の原因を取り除いていく必要があるのです。ここの症状の特徴の一つが筋力トレーニングをする施術が必要になるので年を老いてからこの症状が出ると動くのも大変になるので痛みが引きづらいです。ただ筋力トレーニングをするのも大変になると思うので早めに施術を行い痛みが出ないように気を付けておくことが大切になります。

 

膝の内側の痛みは、どの年齢層でも起こりうる症状なので油断はできません。もし膝の痛みで悩みがありましたらご相談ください。そして早めの施術と予防を心がけましょう。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP