「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは、膝の外側の痛みについてです。

 

膝の痛みは、色々な場所に出ます。今回説明していきたいのが外側の痛みのことです。膝の外側の痛みが出る原因は、筋肉の緊張が強く出る事によってかばう動きをしたり歩き方や走り方が膝の外側に痛みが出やすい動きになるためです。特に痛みが出やすいのが走ることの多い人です。なぜかというと、走ることで膝には負担が掛かりますが、膝が外側に向いて走っていたり足首の動きが悪いまま(ふくらはぎ周りの筋肉の柔軟性が低下)走ることによって踏み込むたびに余計な負担が膝の外側に掛かるからです。膝の外側に負担が掛かり、膝の外側に付く筋肉の緊張が出ると筋肉と関節部分が擦れて痛みへと変わっていきます。そのまま放置していると痛みをかばって逆足の膝にも痛みが出ます。膝の外側の筋肉は、膝から股関節に付く筋肉なので、股関節の痛みや腰の痛みが出る可能性も増えます。痛みが出た時は、しっかり施術を行いましょう。筋肉の緊張を取り整体施術などを行い身体の動きの悪い癖などを軽減させていくと痛みも軽減されると共に走っても同じような痛みが出ないようにできます。

 

膝の痛みが出た時は、施術をしに行きましょう。施術をすることで痛みが緩和されやすくなると共にかばうような動きをしなくなるので痛みが広がらなくなります。痛みが出たら近くの医療機関へ行きましょう。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP