「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは、膝の痛みを取る運動についてです。

 

膝の痛みにも多くの痛みがありますが今回は膝の内側の痛みに関するものです。膝の内側で多いのが骨の変形によって痛みが出るものです。高齢者の女性の方に多いとされている症状です。この膝の痛みは、骨が変形しているせいで膝を伸ばしきることが困難になるのでモモの内側の筋肉に力が入らなくなり弱っていきます。弱くなることで、モモの外側に付く筋肉が強く働くようになり緊張を起こします。そうなると膝が外側を向くようになり歩行時に膝の内側に体重が乗っかり痛みとなるのです。膝の内側の痛みを取る一つの方法が運動です。弱くなってしまったモモの内側の筋肉を鍛えることが大切です。鍛えるやり方は①両足伸ばした状態で座ります。②片足の膝の下に高枕(タオルを巻いたもの)などを入れてください。③高枕入れた膝を思い切り伸ばし切ります。(伸ばし切るのが難しい方は、できるところまで伸ばしましょう。)④そのまますぐに降ろさず1秒~3秒程度止めてから降ろしましょう。⑤一日これを10回行いましょう。頑張って毎日行うことで膝の痛みが減少しやすくなりますので是非やってみてください。

 

膝の痛みは少しの運動で痛みが減少することがありますのでぜひ上記で説明した運動をやってみてください。

 

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP