「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

皆さんこんにちは!!赤羽整骨院です。

今日は膝の痛みについてお話ししていきますね!

まず膝の作りについてですがどこかで骨の模型を見たことがあるかと思いますが、太ももの骨とスネの部分の骨、その上に膝蓋骨といういわゆる膝のお皿が覆いかぶさるようになり、この三つの骨から膝関節は構成されています。

膝の関節と似ているところがありますがどこだかわかりますか?

正解は肘でどちらの関節も曲げる事は大いにできるのですが、伸ばす可動域が狭いです。こういった関節の特徴として同じ方向にしか動きがないので普段の何気ない動作で膝に負担をため込んで違和感が出てしまったり。どちらかというと、ケガで痛めるより日常生活で段々と痛くなる事が多いのではないでしょうか。

高齢者の方は特に長い間負担をかけ続けているので痛みとして症状が出やすくなってきます。しかし、そういった方でも痛みが出ない方々もいらっしゃいます。痛みが出る方と痛みが出ない方の違いは筋肉のバランスにあります。

利き手があるように利き足もあり、例えば足を組む際上にする足、後ろから突き飛ばされた際とっさに出る足、徒競走のスタートの際の一歩目の足は無意識の中で行う行動で、利き足を使っていることが多いです。

この様に左右差が出来ることで負担は偏り痛みが出やすくなります。痛みが出る前に身体のメンテナンスをしっかりして暑い夏を乗り切りましょう!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP