「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!!寒暖差が激しいですが体調は大丈夫でしょうか?気圧の変化で身体への負担も大きくなり易いです。夜中に足がつりやすいという経験もあるのではないのでしょうか?今回は足のつる症状についてお話していきますね。

そもそもなんで足がつるのでしょうか。色々な原因がありますが、一番多いのは血液の流れが悪くなることにより起こります。筋肉は普段伸び縮みを繰り返して身体を動かしており、血液に含まれている成分がその役割をしてくれています。ところが何かの原因で血液の流れが悪くなり、上手く伸び縮みできなくなります。特に足がつりやすいのは心臓から遠い所にある為血液が行き届きにくいからです。また、足がつるタイミングですが、夜中が多くないですか?これは、夜寝ている時は血液が筋肉に行かずに、消化活動をする為内臓に優先して流れるためです。なので筋肉は動き出す準備が出来ていない為、急に動かした際に痛みが出るのです。他にも考えられるのは、疲労が溜まり過ぎる事や水分不足も考えられます。水分が少なくなると当然血液の量も少なくなるので影響されます。よく「水分をこまめに取りましょう」と言われているのは、脱水症状の予防でもありますが、筋肉のつりにくさにもつながっていきます。

日頃からのケアを大事にしていきましょう。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP