「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!寒さも増し、寝ている時も体が冷えやすかったり、そんな経験あるかと思います。けっこう耳にするのが、寝ている時に足がつるという症状です。なんでこのような症状がでるのか、お話していきたいと思います。

なぜ足はつるのでしょうか。それは血液の流れに関連しています。ヒトは日中動いている時、主に筋肉を動かして身体が動いています。筋肉の伸び縮みがありことによって血液の流れがよくなり全身にいきわたります。なので動いている時はあしをつるというのは少ないです。ところが寝ている時筋肉はほとんど動いていません。寝ている時は内臓での消化活動を主に行うので、内臓の方に血液が優先して流れていきます。ですから筋肉自体に血液がいきにくくなるので足がつりやすくなります。それと同時にこの時期は寒さの影響で筋肉が固まりやすいです。なのでもともと柔軟性がない状態なのでより一層つりやすい状態です。つっている状態は筋肉が過剰に縮んでいる状態なので、つってしまったら筋肉を伸ばしてあげたり、揉んであげるとほぐれますし、血液の流れの良くなります。そこにプラスしてしっかりと水分補給もしましょう。水分が足りないのも、足がつりやすい原因です。

この時期は身体に変化が色々と起こりやすいですから、無理しないで下さいね!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP