「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回紹介するのは、足の裏側の痛みについてです。

 

足の裏側の痛みはなぜ起きるのでしょうか。足の裏には、アーチ(土踏まずの部分)と言われる足の裏側に掛かる負担を吸収してくれるところがあります。アーチは、筋肉によって構成されるもので筋肉の柔軟性保つことによって負担が減っていきます。ただ、緊張が強くなることで歩く時などでかかる足への衝撃をそのまま受けてしまいます。足の裏側の衝撃は、日常生活で必ずかかる負担でもあるので緊張が出ないように筋肉のメンテナンスをしておくことが大切です。予防をするために、ご自身でストレッチをしたり足の裏側に足底板のようなクッションを入れると足の裏側の筋肉に緊張が出づらくなる。もし痛みが出た時は医療機関に行き、痛みを軽減させるための処置をしてもらいましょう。当院でも、足の裏側の痛みで来院される方も多くてテーピングなどを行い、痛みを緩和させる施術もあります。日頃の足の痛みが出ないようにメンテナンスを心がけましょう。

 

足の裏側に痛みが出た時は、歩いてるときや立ってるとき日常的な動きで色々な場面で負担がかかるものです。痛みが強くならないように早めの施術をしましょう。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP