「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。本日は足が捻りやすい理由や症状についてお話させて頂きますね。

 

関節の中でも足は多くの方がよく捻る部分です。この理由は足の関節の構造にあります。関節の部分には外側と内側に2つの骨があります。この2つの骨は長さが違い外側の方が長いため足は内側の方に捻りやすくなっています。これ以外にも内側の靱帯は外側よりも強靭なことや足首を伸ばしている状態だと筋肉はうまく作用しないなどの理由があるため足の関節は捻りやすくなっています。捻った際に大切なのは適切な処置を行う事です。処置を怠ると一度伸ばされた靱帯はなかなか元に戻らない為捻りやすい癖がついてしまいます。そうならない為にも捻ってすぐは患部を安静にさせて2~3日冷やし、固定を行います。固定も様々な道具があり症状が軽度なら関節の動揺を防ぐ為にテーピングを、重度の場合はキャストライトという固定力が強く、固定中でも荷重がかけられ仕事も行えるものを使います。この時大切なのは施術を怠らず詰めて行う事で回復は早まります。

 

赤羽整骨院では捻った際の固定やその後の後療法の指導も行っています。お身体の事でお悩みの際は是非お越しください。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP