「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!赤羽整骨院です。風呂上がりのビールが美味しい季節になりましたね。
飲みすぎには注意してくださいね。日によっての寒暖差も大きいです。体調管理には気をつけてくださいね。

今日は足裏のいたみについてお話していきますね。足の裏には足底筋膜という薄い幅広い膜状の腱が張っており,そこに断裂が生じ炎症となり、かかと全体に痛みがおこります。原因としては同じ動きを繰り返す運動選手やランニングで着地の際に足首が内側に傾くことが多い人、足のアーチが少ない、肥満、関節炎、足に合わない靴を履いているなどがあげられます。治し方としてはまず炎症の強いときの運動は控えたほうがよいです。炎症が出ている時の運動は症状を悪化させてるだけです。理学療法や機能的なテーピング、足に合った靴を選ぶ、装具をつけるなどをしていきます。それは土踏まずを支える足底板という中敷きが有効です。普段履く靴に市販のインソールを入れ、足裏のアーチ構造をサポートすると、土踏まずを構成する足底筋膜への負担を軽減する効果が期待されますので試してみて下さい。また毎日のふくらはぎのストレッチが効果をあげていきます。

赤羽整骨院では背骨の歪みを施術で整え、その周りのバランスを崩した筋肉を正常な状態にもどし、痛みや疲れの出にくい身体にかえていきます。痛みや違和感がありましたら遠慮なくご相談下さい

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP