「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

こんにちは赤羽整骨院です。今回は足首を捻るについて説明していきます。

足首が捻ってしまい痛みが出る事を捻りと言います。足首が捻ると痛めてしまった筋肉や靱帯から出血して痛めてしまったところが腫れます。更に体重をかけたり足首を上下に動かす動き(つま先立ちなど)で痛みが出ます。損傷程度が強いと動きに制限が出てしまったり出血量がすごいと内出血が大きく出ます。このように足首を捻って痛めた程度で処置なども変わるのです。痛めてからすぐに行う処置がRICE処置と言います。RICE処置というのは、R=安静、I=アイシング、C=圧迫、E=挙上です。この処置を行うことで痛めた部分の炎症を抑えることが出来るため痛みが悪化することが減ります。一番大事なのは痛めた部分の腫れを抑える事が大事なのです。それはなぜなのかというと腫れが強く出る事で動きの制限が出るので痛みが長引きやすくなったり歩きづらくなったりいいことがないのです。しっかりRICE処置をして治りを早くさせる準備を必ず行うようにしましょう。足首を捻ることは、日常的になり易いケガでもありますし周りの家族や友人など捻ってしまった人にこの記事を見て周囲の方に教えて頂くと幸いです。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP