「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。赤羽整骨院です。少しずつ過ごしやすい日が増えてきました。秋の足音がひしひしと感じられるようになりました。天候の不順な日も多くなりますので体調管理に気を付けて下さいね。

 

今日は、足首を捻ることについてお話していきますね。足首の関節を捻るときのほとんどが内側を捻ってしまいます。スポーツの最中や歩行時、段差などで生じることが多いです。関節に掛かる外力によって、通常とは違う動きが働き関節を支えている靭帯やその周りの組織が損傷され靭帯が伸びてしまったり、一部が切れたり、完全に切れてしまうこともあり、外くるぶしの前を下に押すと痛みがおきます。施術としては冷やして腫れや内出血を抑制し、患部を動かさないようにテーピングや包帯で固定していきます。ここでしっかり施術しておかないと靭帯が伸びたままとなってしまい、関節に緩みが出てしまいます。捻ってしまうのはどちらかの足に重心をかけていることからおこることが多いです。姿勢を見直すことも予防の一環となります。

 

赤羽整骨院では背骨の施術をすることで歪みを取り除き、周りの筋肉に柔軟性をもたらせ、痛みのない体づくりをしていき、また背骨の歪みをとることで姿勢も良くなっていきます。お身体の違和感、痛みなどございましたらお気軽にご相談ください。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP