「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは! 赤羽整骨院です。春となり暖かい日が多くなりましたが、一日の寒暖差も大きいので、体調管理には気を付けて下さいね。
今日は踵の痛みについてお話させていただきます。足の裏は歩いたり走ったりするときの体重や衝撃を全て受け、踵には70%それ以外に30%と分散してかかっています。踵は足の動きで重要なアキレス腱の端に位置し、ふくらはぎの筋肉へと繋がっています。大きな神経や靭帯を伴い、動きや感覚のための大切な部位です。足のバランスをとる為にも非常に大きな機能をしめています。足の裏には踵と足の指の付け根を繋いでいる膜状の腱みたいなものがあり、それが歩くときの衝撃を和らげています。しかしそこに小さい傷などが出来てしまい炎症を起こしたり、痛みが軽くなる過程で骨に置き換わってしまうと痛みを伴うことがあります。そうなる主な原因としては、加齢や長年の負担、運動量の多い選手、肥満、足のアーチがない、足の甲が高いなどがあげられます。利用者の多くはアキレス腱が緊張している方が多いので足の指を反らして、足の裏を伸ばして柔軟性をもたせることも有効です。またふくらはぎのストレッチやインソールを使う事も効果的です。
お身体の痛み、不調などがございましたらお気軽にご相談下さい。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP