「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。本日は身体を温めるメリットについてお話させていただきますね。

 

 

冷やすのか温めるのかどちらが良いのですか?という質問を受けることがあります。この回答については症状にもよりますがぶつけたり捻ったりしてズキズキするような痛みなければ温める方が効果的です。特に昔から長く症状が続いている場合などは血液の流れが悪くなり筋肉の柔軟性が失われ緊張が起きている状態です。この状態が続いてしまうと身体を動かそうとした時に無理に筋肉を引っ張ってしまい痛みが起きてしまいます。痛みが起きてしまうとその部位を動かそうとしないため筋肉が小さく縮んでしまい動きが悪くなってしまうという悪循環にも陥る場合があります。この状態にならないようにするために身体を温めることが大切になります。温めることで深部の筋肉や靭帯が緩み中を通過している血管が広がり血液の巡りが良くなります。血液が全体に行き渡ると身体に栄養が行くので回復力が高まり、柔軟性も生まれます。特に湯船にしっかりと浸かることで筋肉の深い部分まで温まるのでカイロなどよりもお勧めです。日頃のメンテナンスに加えて施術を受けることで疲れやダルさの予防にもなります。

 

 

赤羽整骨院では筋肉の施術やメンテナンスについてのアドバイスを行っています。お身体のことでお困りの際はお越しください。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP