「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!

本日は運動前のストレッチについてお話させて頂きますね。

運動はどの年代の方も幅広く行っており、運動中はケガをする恐れもあります。そのケガを予防してくれたり、運動のパフォーマンスを上げてくれるのがストレッチです。

ストレッチにも種類があり順番を間違えて行ってしまうと本来よりパフォーマンスのレベルが下がってしまう場合もあります。その為しっかりとストレッチを行うタイミングを理解する事が大切になってくるのです。

ストレッチは大まかに分けて3種類あります。

・スタティックストレッチ

・バリスティックストレッチ

・ダイナミックストレッチ

この3つがあります。特にスタティックストレッチとダイナミックストレッチを行うタイミングや順番が大切になってきます。とは言えども用語だけでは何を言ってるか分からないと思いますので1つずつ説明をしていきます。

まずスタティックストレッチ、これは体を止めてゆっくり反動をつけず、無理なく筋肉を伸ばすストレッチです。このストレッチを行う事により体温が上り、筋肉も緩んでくれてリラックス効果があります。

次にダイナミックストレッチ、これは動きながら腕や足などを色々な方向に動かしていくストレッチです。このストレッチを行う事で関節の動く範囲が広がり、運動のパフォーマンスの向上に繋がるのです。

この2つのストレッチは行う際の注意点があります。スタティックストレッチは運動前に行うと筋肉が緩みすぎていざ運動をする際に動かしにくさが生れてしまいます。ダイナミックストレッチは体をしっかり温めた状態で行わないず急に動かすと関節を痛める恐れがあります。ですのでこの2つのストレッチは行うタイミングがかなり重要になってくるのです。

理想は運動前にスタティック→ダイナミックの順で体をしっかり温めたあとに関節の動きを出していきパフォーマンスのレベルを上げていきます。そして運動後はスタティックをゆっくり時間をかけて行い運動で緊張の強くなった筋肉の緊張をしっかり和らげていく。このストレッチの順番が一番理想的です。

最後に大切になってくるのは身体のメンテナンスです。

赤羽整骨院ではストレッチ方法の指導だけでなく、筋肉のバランスを整える施術も行っています。

お身体の事でお悩みの際は是非お越しください!!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP