「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

皆さんは普段ランニングはされますか?軽く走る分には大丈夫だが、長い距離を走ると股関節や膝が痛くなる・・・。普段ランニングをされる方はこのような経験をしたこともあるかと思います。長い距離を走ると股関節や膝が痛くなってしまうのは筋力量が少ないからと思っていませんか?今回は「長い距離を走る時に意識して欲しいこと」というテーマでお話していきたいと思います。

上記で触れたように、筋力量が少ないと股関節や膝が痛くなりやすいと思っている方はかなり多いです。確かに筋力が少なければ持久力は下がります。しかし、走る時にある一つのことを意識しておくと、股関節や膝への負担をかなり軽減させることが出来ます。その方法は「体が左右に大きく揺れていないか」を意識して走ることです。体が左右大きく揺れながら走ってしまうと、股関節や膝に強く負担をかけてしまいます。そうなってしまうといくら筋力量が多い方でも、長い距離を走れば股関節や膝は痛くなってしまいます。最近では駅伝やオリンピックの出場を決める大会があり、テレビでプロの走りを見られた方も多かったと思いますが、やはりプロの方は体幹がしっかりしており、左右に大きく揺れて走ることはありません。皆さんも一度、自分のフォームが左右に大きく揺れて走っていないか確認してみてくださいね。

赤羽整骨院では日常生活アドバイスも行っておりますので、普段の生活で気になることがあれば気軽にご相談くださいね。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP