「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!!!

本日は長距離を走る人はどのような症状が起こりやすいかお話しさせて頂きますね。

長距離を走る人は膝に衝撃が多く加わります。その中でも太ももの外側から膝の外側にしっかり密着して膝下にくっついている靭帯があります。この靭帯は膝の骨の外側の部分と密着しており、歩く、走る動作で常に擦りあっており常に負担が掛かっております。この摩擦が続いていると靭帯に炎症が起きてしまい、痛みに繋がります。

この炎症が起こった際の対処法は安静です。症状が軽い場合は安静にしていれば痛みは軽減していきます。痛みが強い場合はまずアイシングをして患部を冷やしてください。炎症を抑える為にアイシングを行い、患部をストレッチングをすることで症状が進行している場合でも軽く楽にすることが出来ます。その他にもテーピングを行ったり、バランスを崩している筋肉や痛みを起こしている靭帯をアプローチすることで更に症状は軽く楽にされていきます。

この症状は使い過ぎが原因なので普段のスポーツ前のウォーミングアップやクールダウン、筋力トレーニングを行うのも良いです。

赤羽整骨院では症状が起きている患部を施術し適切な後療法の指導を行います。お身体のことでお悩みの際は是非お越しください!!

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP