「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは。九州では荒れた天気が続いているようで、七月一カ月分の雨量が三日現在で降っているそうです。梅雨の時期は天気や気圧の変動が激しいので体調を崩さないように気を付けて下さいね。今回は当院に通われている利用者様から、靴底の外側が擦り減りやすいんですが何か歩き方に問題があるんでしょうか?という質問を受けましたので、こちらでもお話していきたいと思います。

靴底の外側が擦り減ると、O脚やがに股歩きになってるんじゃないかと不安になられる方も多いかも知れませんが、結論から言うと、靴底の外側が擦り減るのは正常なことです。人は歩く時に踵から地面につき足底(足の裏)、つま先と順に重心が移動します。踵を地面につける際に靴底の外側は必然的に擦れますので、靴底の外側は素材が分厚く作られていることが多いです。逆に内側やつま先が擦り減っているのは良くないです。内側が擦り減りやすい方はX脚になっていたり、つま先が擦り減っている方は足を引きずるような歩き方をしている可能性が高いです。どちらも体全身のバランスが不安定になり、様々な症状を引き起こしてしまう原因にも繋がりますので早めのケアが大事になってきます。

普段の生活でふと疑問に思ったことや、気になることがあれば気軽にご相談くださいね。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP