「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさん こんにちは! 赤羽整骨院です。

今日は骨盤を後傾させると、どうなるかについて書いていこうと思います。

 

椅子に座って骨盤を後傾させると、背中の丸まりが大きくなり、肩甲骨が背骨から遠ざかるようになります。さらに頭が前に出て首の前弯は少なくなり、ストレートネックと呼ばれる状態になりやすくなります。頸椎の際からは、上肢の筋、皮膚へ伸びている神経が出ていますから、骨の歪みが原因で頸部の骨配置が変化してしまうと、頸部や上肢の不調につながりかねません。 また骨盤後傾になってしまった人が立って膝の曲げ伸ばしを行うと、つま先から膝が大きく前に出てしまいます。この膝を曲げた姿勢は膝に負担がかかる動作です。この動作を続けると膝関節内の軟骨などを損傷し、また炎症を起こしたりして膝関節の破壊につながっていきます。

ひとの身体は連動で成り立っているので、身体の中心である骨盤の傾き具合やポジションの変化は身体の末端はと影響をおよぼします。 皆さんもつねに姿勢に気を付ける生活を送りましょう。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP