「赤羽整骨院」で痛み・不調を徹底改善

みなさんこんにちは!赤羽整骨院です。きょうは、X脚 O脚について書かせていただきますね。
両足をそろえた姿勢で、両膝間の距離が2横指以上離れていて、両膝が内側に反ってる膝をO脚と呼びます。逆に膝を正面にむけて立った状態で、膝の内側をピッタリつけた状態で両うちくるぶしの間が2横指以上離れて、両膝が外に反れている膝の場合はX脚と呼びます。子供ですと、2歳までは軽いO脚ですが成長と共に自然に良くなって3歳ではむしろX脚傾向になります。3歳を過ぎてもO脚が強いと問題になってきます。ひとによっては、両脚ではなく片脚のみが内側に反っているの場合もあります。右片足立ちで内側に反る傾向が増大するようであれば、膝内部での炎症が疑われます。O脚だと膝関節の内側に自重がかかり、内側の関節軟骨がすり減ったりしてしまいます。外側は外に反らされることで、靱帯が引っ張られ痛みもでます。またその状態で無理に膝を曲げたりすると、それらに作用する筋群に過剰な負荷が加わり痛みがでてきます。Ⅹ脚ですと外側の関節軟骨がすり減り、内側の靭帯が引っ張られます。減ってしまった軟骨は元に戻ることは難しく痛く、歩く度に痛みが出てしまいます。
赤羽整骨院では全身の筋肉バランスを取りながら膝を正しい位置に戻していきます。

「赤羽整骨院」の整体で痛み・不調を徹底改善 PAGETOP